漫画を読む。

日々読み漁る漫画の感想絵日記。


<< 日本100の仏像 | main | みうらじゅんマガジンvol.2 仏像ロック >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





センゴク天正記

酒井左衛門尉忠次
酒井左衛門尉忠次
『センゴク天正記』の長篠の合戦編について語ろうか。最近の戦国物では、徳川家康と楽しい仲間達じゃなくって、家康と三河武士団が悪く書かれなくなったのが喜ばしい。一昔前までは、彼らは悪人扱いだったからね。その手のを読み続けると、凹むを通り越して、諦観の境地に達しそうになる。どーせどーせ、徳川家は世間様から嫌われている。そう思っていたら、山田芳裕の『へうげもの』や、宮下英樹の『センゴク』シリーズでは、今のところ悪いような描かれ方はされていない。この状態が何時まで続くか分からないが、とりあえず、『センゴク』の徳川家はかなり良いぞ。元々、家康は短気で熱い男である。その性格が災いして、三方ヶ原では痛い目に遭った。それで、今回の長篠の合戦では、性格を矯正中。家康がカッカしそうになると、本多忠勝が軽く叩く。時には、全力でブン殴る。忠勝は如何にも体育会系の気の良いアンちゃんだけど、相方の榊原康政はクールだ。…と言うより、お硬い系?忠勝が今風の現代語を喋るのに対して、康政は古臭い武士語を喋る。何処かチグハグな二人なのに、仲良しさんってのが微笑ましい。徳川四天王の筆頭、酒井忠次はなかなかの切れ者らしい。岡崎信康の件で、狂気を帯びた織田信長と共謀して、遠回しに殺っちゃうとか?

馬防柵
馬防柵
写真中央の小さな山は、馬場信春が制圧した丸山砦になるのかな。『センゴク天正記』では、武田軍に馬防柵の一部を破らせて、織田軍の内部に敵を侵入させてからの包囲一斉射撃という解釈をしていた。名和弓雄センセーの『長篠・設楽原合戦の真実』では、鉄壁の野戦築城が壊れるハズなどないのだから、織田徳川連合軍はノーダメージに近いとか何とか。…どうやら、漫画の方がまだ信憑性がありそうだw
宮下英樹の『センゴク天正記』は現在連載中。
正直、徳川家が登場する巻しか持ってません!
posted by サイ 15:24comments(2)|-





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 15:24 |-|-


この記事に対するコメント











はじめまして。

結局、このシリーズでは信康の存在を描いてないですね。

信康事件も書いてませんし。

長篠後の秋山の最後についても無しで。
JIN | 2013/08/17 1:02 PM


はじめまして、JINさん。
コメント、ありがとうございます。
ご覧の通り、私は徳川家にしか興味がないので、他家の家臣が主人公の『センゴク』シリーズは、通読した事がないんですよ。
徳川家が登場しそうな巻だけ、ピンポイントで買っていくという…。
『センゴク天正記』には、信康について、全く触れられてないんですね。
それは残念…。
サイ | 2013/08/19 9:56 PM