漫画を読む。

日々読み漁る漫画の感想絵日記。


<< 高山公遺訓二百ヶ条 | main | 戦国ミニブシMAGAZINE >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





つつじ風聞★

榊原康政
榊原康政
群馬県館林市を舞台に、榊原康政が登場する世にも珍しい歴史少女漫画を紹介するぞ。主人公は康政ではなく、康政の嫡男、榊原忠長である。史実の榊原家は、
大須賀康高の娘(正室)−−−榊原康政−−−花房氏の娘(側室)
                  |                |
               大須賀忠政     榊原康勝(痔)
                 榊原忠長  
…と、なっている。忠政は長男でありながらも、嫡子のない大須賀氏に養子に出された為、次男の忠長が榊原家の嫡子となった。しかし、病弱だった忠長は早世し、花房氏の康勝も、大坂夏の陣の折、持病の痔の悪化により死亡した。なお、康勝の悪い家老の一人は、中根吉衛門という。

『つつじ風聞』での榊原家は、
亡き正室−−−榊原康政−−−八幡廓(側室)---太郎八(八幡廓の弟、忠長のお目付け役)
         |                 |       
       |    忠長亡き後の嫡男
         | 
     榊原忠長−−お辻(阿辻の方、中根の家人の娘)
…と、ヒロイン役のお辻が加わって、こんな感じである。

榊原さんチの忠長クンは、ちょっと不器用なシャイ☆ボーイ。最近、忠長は村娘のお辻が気になってたまらない。お年頃の忠長は、徳川四天王榊原家の正統な跡継ぎという事もあって、良い縁談が舞い込みそう。身元が定かでないお辻と、もし間違いでも起きたら、忠長の価値が大きく下がってしまう。お目付け役の太郎八は、目を光らせて、二人の仲を監視する。アッパークラスに属する自分の身分と本名をお辻に明かさぬまま、忠長は父の康政と共に、上田城へと出陣した。「この戦から戻ったら、本当の事をお辻に話したいんだ」。これ、何て死亡フラグ?そして、関ヶ原を終え、忠長は無事に生きて帰った。だけども、トーチャンは中納言(徳川秀忠)の所為で、大遅刻しちゃって、館林の領民には何かヒソヒソ言われてるし、合戦のドサクサの間に、お辻は実の父親に引き取られて、行方不明になっていたし、トーチャンの失態が原因で、良い縁談も立ち消えになってしまった。踏んだり蹴ったりなのに、トーチャンったら、新しい側室を迎えるって、何なのさ。…あ、あれ?新しい側室って、お、お辻?お辻の正体は、家老の中根の家人の娘であった。トーチャン、お辻に一目惚れしたんだって…。康政の側室として、忠長に挨拶に来た阿辻の方は、忠長を激しく責め立てた。阿辻も必死になって、忠長の行方を探したけれど、忠長が名乗っていた「小平太」という偽名(作中では幼名)では、誰だか特定できなかった。てっきり、上田城で戦死したのだと思っていた。ひたすら、「小平太」の身を案じ続けた私の心を弄んでいたのか!その言葉に、忠長はショックを受ける。慌てて、太郎八が二人の仲を取り持とうと、仲裁を申し出るも、時すでに遅し。今は辛いけど、少しの間だけ…。結局、心の痛みが癒えなかった忠長は、病に伏した。阿辻から病気見舞いに贈られたツツジの花が満開に咲き乱れる。あの頃の、夢の中で。忠長は永眠した。忠長とお辻の淡い恋物語を太郎八に打ち明けられた康政は、阿辻の出家を許した。「己の為に、世を捨ててくれる女がおるとは、忠長も果報な奴よ」と知らなかったとは言え、息子の彼女を横取りした康政トーチャンは、キレイに話を締め括ろうと頑張った。結論、『つつじ風聞』の康政は、ダメ親父にしか見えんw


※榊原忠長、榊原康政が登場。
※*つつじが岡公園の伝説*の真偽を確かめるべく、検索を繰り返したが、よく分からなかった。
 →解決しました!

つつじ風聞 / 河村恵利

posted by サイ 19:03comments(2)|-





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 19:03 |-|-


この記事に対するコメント











はじめまして! いつも楽しく拝読しております。

>つつじが岡の伝説
館林市史別巻に『館林とツツジ』という本があるのですが、その中では、お辻さんの墓がある寺の過去帳で、最も古い法要の記録が慶長十年とあり、その当時の館林統治が榊原康政公であったことから、康政公の愛妾として、話が広まったのではないか? ということだそうです。

つつじが岡の伝説は、康政が入る以前から館林にあるそうなのですが、彼女を忘れまいとする地元の愛惜が伝わるようで、調べていて感動しました。
かしな | 2010/01/19 12:15 PM


はじめまして、かしなさん。
コメント、どうもありがとうございます!

>いつも楽しく拝読しております。
あんまり世間様からの反応がない寂しいブログなものでしてw、もう好き勝手に書いています。
お褒めの言葉を頂くと、舞い上がって、大変に危険な状態になってしまいます。
ヽ(○´3`)ノ チュゥゥゥ

>つつじが岡の伝説
うわァ、そうだったんですか…。
実は、私も館林に観光に行った事があるんですが、「館林城跡と康政のお墓を見て帰る」程度の気持ちで、城沼をウロウロしていたら、つつじが岡の伝説について書かれた立て看板を発見しました。
自殺者が出るほどの女のイジメ問題を康政は解決できなかったのかと、軽くショックを受けてしまいました。
その後は、漫画や小説やゲーム等のどんなにカッコ良い康政を見ても、全てが微妙にしか見えなくなり…。
…ワタクシが間違っておりました。
かしなさんのお陰で、再び安心して康政を愛せそうです。
康政のエピソードにしちゃあ、何か違和感があるなあとは思っていたんですよと、今更ながら言い訳してみますw

知識をありがとうございました。
サイ | 2010/01/19 11:17 PM