漫画を読む。

日々読み漁る漫画の感想絵日記。


<< 信長の野望 創造 | main | スプリガン >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





花影戦記 妖魔降臨☆

『花影戦記 妖魔降臨』は、山田風太郎の『魔界転生』を思いっ切り薄味にしたような伝奇漫画である。
時は、寛永十四年。
肥前の国は、島原。
死の恐怖よりも、神の教えを選び、決して転ばぬ。
見せしめの為に、切支丹の美少女が火刑に処されていた。
燃え盛る若く美しい肉体を欲した闇の神が彼女の心身を奪い、刑場を支配する。
闇の神は、天草四郎と名乗った。
大人の色香を漂わす四郎少女は、徳川家をメッチャ呪っている。
ああ、四郎の正体はきっと、あのヒトなんでしょうね。
…と、答え合わせをするかの如く読破してしまったので、あんまり面白いとは思えなかった。


※柳生十兵衛、天樹院、徳川家光、松平伊豆守が登場。
花影戦記 妖魔降臨 / 鷹司+島崎譲
posted by サイ 20:40comments(0)|-





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 20:40 |-|-


この記事に対するコメント