漫画を読む。

日々読み漁る漫画の感想絵日記。


<< お久しぶりです。 | main | ヒュッテは夜嗤う 山の霊異記 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





ミザリー

流石、映画化される訳だ。
熱狂的なファンに監禁されて、終わったハズの小説の続きを書かされる、作家の苦痛と恐怖!
自動車事故で半身不随となった作家は、彼の作品である、『ミザリー』シリーズの愛読者に助けられた。
しかし、この愛読者は、サイコパス☆看護師だった!
もはや、『ミザリー』を書きたくなかった作家は、最終巻で、ミザリーを死なせていた。
それを読んだ看護師は怒り、クスリで作家を支配して、ミザリーの新作を書く事を強要した。
そう、自分の為だけの新作を。
不自由な身体で逃げようとする作家だが、看護師に見つかると、お仕置きとして、肉体の末端を切除されるという…。
作家さん、最後の最後に戦いました。
頑張りました。
面白かった!

ミザリー / スティーヴン・キング+矢野浩三郎
posted by サイ 17:43comments(0)|-





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:43 |-|-


この記事に対するコメント